ラシックス錠で脚を本来のサイズにしよう

Archive for 12月 2014
体水分量が増える=むくむ?

よく、足のむくみや顔のむくみなどと言いますが実際にむくむという症状がどういう症状であるかを説明します。
むくむという症状はなんだかの原因で体内の水分が上手に排出することができずに、体内水分量が増えることで引き起こされる症状です。
また、この症状を引き起こす幾つかの原因として、体の冷えや筋力の低下他にも塩分の過剰摂取や食べ過ぎ飲み過ぎなどの様々な原因があげることができます。
また、女性は生理前や生理中にもホルモンの関係でむくみの症状が出ることがあります。
とくに下半身にでるむくみは筋力の低下が大きく関係している場合が多いです。
筋力が衰えることで、ポンプ機能が低下し血流やリンパの流れが滞り、水分の排出機能が低下するからです。また体の冷えも同じような要因でむくみを引き起こしていきます。
この症状を解消するためには余分な体内水分を排出していくことが大切になっていきます。適度な運動やマッサージも非常に効果的ですし、お風呂やサウナなどで発汗することでも解消することができます。
他にも塩分の摂取量を控えたり、暴飲暴食をしないように心掛けるだけでも大きく結果は違ってきます。この様に簡単に症状を改善させることができます。