ラシックス錠で脚を本来のサイズにしよう

Archive for 10月 2014
ラシックスで余計な水分の排出を助ける

ラシックスは、高血圧の人に処方されることの多い治療薬の1つです。
この薬は利尿作用があり、体内にたまったナトリウムや余計な水分の排出をしてくれます。
そのため、体の調子が悪くなって身体がむくんでいる人や心臓病などで肺に水がたまりやすく呼吸困難を起こすような症状の人が服用することで、それらの症状は緩和されます。
ですので、心臓病の他にも肝臓、腎臓などの浮腫や女性の生理前に発生する身体のむくみなどの症状を緩和させる用途で使われることもあります。
もし、その他の降下薬や利尿作用のある薬と併用しする場合には、血圧が下がりすぎることもあるので服用の際には注意が必要です。
また、心臓病の薬や抗うつ薬などと服用をする場合には中毒症状などを起こす可能性がありますので、併用の際には医師に相談をしてください。
最後に、ラシックスには利尿作用を持っています。
その作用は、服用後3時間程度続き、その間は尿が多く出ますので、通勤時間や車の運転をする必要がある場合など、トイレが近くもしくはすぐに行きづらい状況である時間帯は避けた方が良いです。
人によっては、服用後めまいなどを起こす可能性もありますので、高い所で作業をする人は時間をずらして服用をした方が安全です。