ラシックス錠でむくみバイバイ♪

ラシックス錠で脚を本来のサイズにしよう

ラシックス錠はやせ薬ではない

ラシックス錠は、高血圧症、心性浮腫、腎性浮腫、月経前緊張症、末梢血管障害による浮腫などの治療、および尿路結石排出促進などに用いられています。
主成分はフロセミドで、腎尿細管におけるNa、Clの再吸収を抑制することにより、利尿作用があります。
さらに、利尿による循環血液量の減少により、血圧を下げる効果も得られます。
浮腫の場合、心臓病、腎臓病、肝臓病に伴うものに有効です。
使用方法としては、通常、成人である場合には1回1~2錠を(主成分として40mg~80mg)1日1回、連日または隔日服用します。
この用量は、治療を受ける疾患や年齢、症状により適宜増減されます。
腎機能不全などの場合には、さらに大量に使用する場合もあります。
飲み忘れた場合は、1回分をとばし、次に飲む1回分を服用します。
2回分を1度に服用することはしてはいけません。
飲み始めの1~2週間は、服用後数十分~3時間までに尿が多く出る状態になります。
また、ラシックス錠の副作用としては、口渇、倦怠感、頭痛、吐き気、嘔吐、貧血、蕁麻疹、かゆみなどが起こる場合があります。
服用後は血圧低下によるめまいやふらつきが現れる場合がありますので、高所での作業や車の運転には注意が必要です。
また、重大な副作用としては、ショック、アナフィラキシー症状や、血圧低下、脱水などを起こす場合もあります。
こうした症状に気づいた場合は、すみやかに医師の診察を受けることが大切です。
主成分であるフロセミドがむくみを取る効果があるため、ダイエットに効果があるとして話題となりましたが、ラシックス錠は痩せ薬ではないため、ダイエット効果は得られません。
健康な人が使用することで、逆に様々な臓器を悪くしてしまうおそれがあるため、ダイエット目的としての服用は危険を伴います。

高いダイエット効果を期待するのであればゼニカルなどのダイエットのための医薬品がお勧めです。

■まとめ買いがお得な通販サイト
余分な油分をしっかりとカットしてくれるオベリット